J-Marine いけす監視システム 導入事例

レーダー導入により、
盗難の抑止効果は、
格段に向上しました。

本システムは、(株)ダイニチ様のご協力のもと、同社の顧客であり盗難対策を検討していた
(株)内海水産様に導入させていただきました。

シーフードショー2016がきっかけです

「いけす監視システム」を導入していただきまして、誠にありがとうございます。
いけす監視システムについてどのように知り、導入・運用されていますか?

(株)ダイニチが、盗難被害に悩む養殖事業者の(株)内海水産から、盗難防止の相談を受け、暗視カメラ等の監視カメラの設置を検討しましたが、沖合に浮かぶいけすの監視は簡単ではありませんでした。

シーフードショー2016で、レーダーによる監視システムがあることを知り、日本管材センター(株)、平岡織染(株)、日本無線(株)3社に協力を依頼して、(株)ダイニチの顧客であり、被害に苦しむ(株)内海水産での実用試験を行ってきました。

実用可能になったところで、現在(株)内海水産にシステムを移管し運用しています。

養殖魚盗難監視のため、夜間の見回りは負担でした!

「いけす監視システム」を導入する以前は,業務上どのような問題・課題があったのでしょうか?

魚の養殖では、通常は仕入れ数と出荷数にそれほどの差異はみられないはずですが、2013年から15~30%目減りするケースが続出したため、盗難の可能性もあるとして2015年8月から盗難被害軽減を目的に対策の検討を始めました。

当初は、陸地からや船に監視カメラを設置することを検討しましたが、映像が不鮮明な上、夜間の見回りは負担が大きいことから、レーダーを導入することとしました。

盗難の抑止効果は格段に向上し、
効果的な夜警が可能になりました!

「いけす監視システム」の導入効果や,導入して良かった点を教えてください。

レーダー導入により、盗難の抑止効果は、格段に向上しました。

 不審船が監視エリアに侵入すると、自動的にスマホに報告が入り、スマホ上でレーダー画面を見ることにより、侵入船の航跡や生簀に係留したかなどの状態も把握できるので、夜間に沖合の生簀まで行って確認するべきかどうかが判断できるようになりました。

 生簀に異変があった場合、プレイバック機能を利用して過去に遡り、監視エリアに侵入した不審船の航跡をたどることで、盗難された可能性があるかについても判断できるようになりました。

 また、どの曜日やどのような季節、天候に、監視エリア付近を航行する船が多いかなどの傾向が分ってきましたので、いつ頃夜警をすると効果的か絞り込めてきました。

 ただ、これだけでは抑止効果でしかありませんので、陸から離れた洋上で電力を賄えることを利用して、今後は盗難と犯人の確定を目指し、ソーラーパネルを増加して、投光器やビデオカメラを連動させ、盗難現場の写真や動画を録れるように準備したいと考えています。

自動給餌や水温調査などに
応用できればと考えています!

今後,「いけす監視システム」に期待することなどがありましたら教えて下さい。

現在は、レーダー等を設置したソーラーパワーアイランドをいけすの周りに1式設置しての運用ですが、精度を上げるために複台数設定して運用し、監視カメラも設置する予定です。監視カメラは、レーダーが不審船を検知した時のみ動画・静止画撮影を行うようにして、過去の映像確認の時間を短縮を図ることとしています。

 性能向上や広範囲での利用が可能となる、より良いシステムが構築できれば、他の漁協へも紹介し密漁や養殖魚の盗難防止に役立てることができればと思っています。

 また、不安定な海上で安定した電力をまかなえるようソーラーの性能を安定させ、今後は養殖魚の盗難防止だけではなく、養殖魚の餌の自動配給や水温調査などさまざまなことに応用することができればと考えています。

いけす監視システム の紹介

システム構成

「いけす」付近にソーラーパワーアイランドを設置し、レーダーにより不審船を監視します。船舶が侵入検知ラインを超えた場合に、管理者にメール等でお知らせするとともに、フラッシュライトを照射して防犯対策を行います。管理者はインターネットでJ-Marine Cloudにアクセスし、離れた場所から「いけす」の状況を確認できます。

曳航可能なソーラーパワーアイランド

本システム最大の特徴は、「曳航可能な」ソーラーパワーアイランドであることです。海上に浮かべて設置する構造上、自由に移動可能であり、季節によって監視場所を変えたい場合、盗難の監視ポイントの変更などに対して柔軟に対応可能です。

レーダーによる不審船監視

レーダーにより「いけす」周辺の不審船監視を行います。カメラによる監視に比べ監視範囲が広く、また夜間や視界の悪い状況でも不審船の接近を検知できます。不審船を検知するとフラッシュライトを照射し盗難の防止効果を高めます。

クラウドを利用した「いけす」状況の把握

不審船を検知するとメールでお知らせ!スマホ・タブレットで即時に「いけす」の状況を把握でき、不審船が逃走した航跡を監視できます。

画像イメージ

  • レーダー画面レーダー画面
  • いけす監視画面いけす監視画面
  • プレイバック機能プレイバック機能

ご協力企業様

社名 株式会社ダイニチ(DAINICHI Corporation)
本社所在地 本社
〒798-0084 愛媛県宇和島市寄松甲1385 地図はこちらから
TEL:0895-27-3232(管理部)
代表者 代表取締役社長 玉留 一
設 立 昭和57年3月
URL http://www.dainichi-ff.co.jp

close

close

close

close

close

高解像度降水ナウキャストとは 台風情報 気象海象情報 誰でも無料で見られる

カタログ・壁紙紹介 新サービスや壁紙を随時ご紹介

J-Marine GIS for Web 高度な開示情報を取得できる

導入事例(いけす監視システム )
J-Marine いけす監視システム 導入事例

ページのトップへ