J-Marine GIS 導入事例 東京海洋大学様

安全で、環境に優しい運航を
実現することができると期待

東京海洋大学 海洋工学部 海事システム工学科長 庄司 るり教授

J-Marine GIS 先端ナビゲートシステムを使い、海洋研究されている東京海洋大学の庄司るり教授に、J-Marine Cloud についてお聞きしました。

クラウドが実現することで、誰でもどこからでも情報にアクセスできます。
情報を共有できれば円滑なコミュニケーションを実現することが可能になります。
家庭の中から会社同僚、仕事相手、お客様とグローバルな世界になればなるほど、同じ情報を共有し利用していくことが必要不可欠です。

海の世界では今まで情報の共有が非常に遅れていましたが、J-Marine Cloudのような画期的なシステムにより情報共有が実現し一般的になれば、今後より安全で効率的で環境に優しい運航を実現することができると期待しています。

J-Marine GIS 先端ナビゲートシステムとは?

船舶運航に関する多種多様情報をより効率的かつ統合的に収集・管理・解析・表示し、運航に関する研究開発や教育養成を支援する研究設備です。
実習船の操船状況把握をはじめ、東京湾内船舶動静分析、最適航路シミュレート、危険度判定検証などの研究に利用しています。

J-Marine GIS 先端ナビゲートシステムについて

導入事例東京海洋大学 海洋工学部 海事システム工学科

  • 船舶動静が現況把握できるリアルタイム表示や過去の状況を再現表示できるプレイバック表示機能をもち、船舶の航跡確認や海上交通流の変化把握として授業に使用することも可能。
  • レーダ画像・航海情報および機関情報を衛星回線経由でリアルタイム表示ができ、TV 会議機能とあわせて航海実験の検証が可能。
  • 船舶や陸上に設置したWeb カメラからの画像データは画像処理研究へ応用可能。

J-Marine GIS ラインナップ

名称 概要 対象
J-Marine GIS
先端ナビゲートシステム
船舶の状態・気象海象情報を統合的に収集・管理・解析・表示 研究機関向け
J-Marine GIS for Web Pro 運航中の船舶の状態や気象海象情報を統合的に収集・管理・表示 海運会社、船主向け
J-Marine GIS for Web 気象海象情報を統合的に収集・管理・表示 船舶所有者、
一般ユーザー向け

無料体験版 登録する

ページのトップへ