J-Marine GIS 導入事例 宇部興産海運株式会社様

管理船の動静・周辺状況の確認が
リアルタイムで判るようになったこと
は大きな進歩です。

宇部興産海運株式会社様

東京海洋大学 先端ナビ研究会がきっかけです

弊社の海洋版GIS(J-Marine GIS)を導入していただきまして、
誠にありがとうございます。海洋版GISの存在はどのように知りましたか?

弊社宇部興産海運は、船会社という立場から国立大学法人東京海洋大学様(以下、東京海洋大学)が研究を進めていた先端ナビ研究会に早くから参加していました。その先端ナビが東京海洋大学で具体化し、現在のように日本無線さんのGISを持つようになった事は当時から知っていました。

導入前は、船舶の状況把握に大変時間がかかりました

海洋版GISを導入以前は、業務上どのような問題があったのでしょうか?また、導入に踏み切った背景がありましたら教えてください。

海洋GISとAIS情報の組み合わせが自社内で確立されるまでは、船舶に搭載しているGPSの信号を1時間間隔で自動送信させ自社船・管理船の位置情報の把握をしていました。
しかし、この情報では位置が判明しても周辺の状況(例えば周辺船舶・気象・海象などの状況)が判らず、再生能力も無かったので、事故の検証も出来ませんでした。

導入に踏み切った背景には以前より東京海洋大学での先端ナビに関わってきた経緯と将来の船舶管理の在り方を具体化し、船舶を管理する会社として行わなければならないと言う考えで導入に踏み切った次第です。

安全航海・省エネ航海・事故検証に寄与しています

海洋版GISの導入効果や,導入して良かった点を教えてください。

海洋GISを導入したことにより自社船・管理船の動静・周辺状況の確認がリアルタイムで判るようになったことは大きな進歩です。
現在では各船から自動送信されるAIS情報の他に気象・海象情報の同時表示が出来るようになり、安全航海・省エネ航海に寄与しています。

導入当初は自社の中でも一部の担当者しか見ていなかったGISでしたが、弊社が持つWEBサーバーからの配信によって、社内は勿論、社外関係船社への情報提供が出来るようになり弊社のサービスとしてお客様でも運用されています。
導入して今までに自社が関係する船舶での事故が数件発生していますが、事故の原因・検証などにも役だっています。事故時の記録を保存し再生が出来るようになったのも海洋GISの導入の成果です。

船舶でのGIS利用に期待

今後、海洋版GISに期待することなどがあれば教えて下さい。

海洋GIS導入から4年でAIS情報を送ってくる箇所が導入当初では15カ所でしたが、現在では船舶24隻、陸上施設6カ所と年々増加しており情報量が大きくなってきています。
加えて気象・海象情報を組み込んだ為、WEB上での動きが遅くなって来ています。

弊社のGISはWEBを介して船舶でも活用されていますが、船舶で使える通信は速度が遅い為大きな情報を持つGISは表示までに時間が掛かっているようです。通信速度が遅い箇所でも運用がスムーズに出来るようなシステムへの期待が高まりつつあります。

東日本大震災のときに・・・

東日本大震災のおり、自社船の1隻が仙台に入港接岸し揚荷をしておりましたが、地震に遭遇し緊急回避の為沖合へ脱出しました。乗組員の努力と陸上スタッフの協力により無事脱出には成功したものの、会社側は船の状況が判らず緊急作業中の船に頻繁に電話連絡していました。船側はそれどころではなかった筈です。GPSの位置情報送信を緊急時の10分毎送信にして何とか位置を把握していましたが、周辺の状況が判らず脱出が成功するまで会社側スタッフは気を揉んでいました。
あの時に現在のような海洋GISが有れば状況把握も容易だったはずです。

J-Marine GIS 宇部興産海運 のシステム紹介

システム構成

本システムは、陸上に設置したAIS受信局及び管理対象船で受信したAISデータを収集し、宇部港及び管理対象船周辺の船舶動静状況をリアルタイムにモニタリングするシステムです。航海用電子海図(ENC)上にAIS情報や自社船・管理船、気象海象情報を重畳表示し、管理船舶の動静や周辺状況の把握、安全運航支援を行います。

自社船舶、Als情報、GISサーバ。ALS受信局、Als情報、GISサーバ。J-MARINECLOUD、気象海象情報、GISサーバ。GISサーバ、大型ディスプレイ。GISサーバ、社内PC。GISサーバ、インターネット、社外PC。

特徴1 Web-GIS 機能

表示方式としてWeb-GIS方式を採用。電子海図上に管理船情報やAIS情報、気象海象情報や各種情報を重畳表示します。

  • 空間データと海図を重畳表示します。
  • 目的に合わせた各種データの選択・透過率設定・順番設定が可能です。
  • 複数データの組合わせにより、解析・分析の視覚的な表示が可能です。
  • 船舶や関連会社へのインターネット経由情報提供を行います。


AIS情報表示例


気象海象情報表示例

特徴2 プレイバック再生機能


プレイバック再生表示例

プレイバック機能により、過去の船舶動静状況を再現表示します。
船舶の航跡や気象海象状況が確認でき、海難事故発生時等での事故原因や検証に大変有効です。

Fleet Cloud 船舶管理システムの紹介

Fleet Cloudは自社船・管理船・管理会社並びに関係会社で使用されている、船舶管理システムの総称です。

  • 船費・購入管理
    修繕部品や一般消耗品の手配と修繕費の予実管理を行う。
  • 配船指示
    運航情報を船側と会社側で情報共有する。
  • バース予定
    主要積荷港である宇部や苅田の岸壁使用状況(先船の離岸時間や自船の接岸岸壁と時間など)を管理する。(バース予定は社内大型モニターで常時表示)
  • 工事来歴
    発生した重大な事故や特殊な工事をデータベース化することで再発を防止したり、同じ事故・工事が発生した際の即日対応が可能になる。
  • 運航実績
    各船から送信されるアブログのデータを基に自動的に月間集計を行う。
    (自動集計されるものは航海関係の実績・燃料消費実績・運航効率状況など)
  • 機関データ取込
    船側から定期的にCloud側に自動送信される機関データロガー情報を読み込んでテキスト化やグラフ化を行い、機関運転状況をトレンド把握する。
  • フロン機器チェックリスト
    改正されたフロン取扱に対応する。

以上の仕組みを持って自社船・管理船を効率的に管理していますが、船舶並びに会社側のニーズに答えて今後も拡張して行く予定です。
また他社様での運用に併せて個別の運用も出来るようになっています。

なお、このシステムの運用には、陸上携帯用電波を使い通信費の肥大化を防いでおります。
画面上に通信エリア内外の表示を行い、通信エリア外の場合でもオフライン操作が可能であり、通信が正常になった際に新しい情報を送信します。
運航する船舶が携帯の電波をどの程度取得出来るかは、AIS情報の自動送信と、その情報を基にしたGIS表示によって知る事が出来るようになりました。

お客様企業のご紹介

社名 宇部興産海運株式会社
本社所在地 山口県宇部市港町一丁目5番5号 地図はこちらから
TEL:0836-34-1181
創 業 1942年(昭和17年)
事業内容 内航海運事業
港湾運送事業
国際複合一貫輸送事業
コンテナ事業
エンジニアリング事業
産業廃棄物処理事業
船舶代理店事業
機械器具設置工事業(建設業)
その他
URL http://www.ube-ind.co.jp/usl/index.htm

close

close

close

close

ページのトップへ