最適航路 / 船の見える化サービス

世界レベルの海事情報を
手にすることが可能になります。

あなたが手にするのは、
専門機関や大手海運企業レベルの
グローバル海事情報システムです。

本サービスは船舶の経済的かつ安全安心な運航を支援するウェザールーティング情報の提供、および陸上から管理船の位置情報・機関情報・航海機器情報のリアルタイム監視を実現します。パソコン上で各気象・海象レイヤーを自由に重ね合わせたり、VTS(港湾監視)情報の表示が可能で、より精度の高い海事情報を取得することができます。
J-Marine Routing および、J-Marine GIS for Web Pro を導入することで、研究機関、大学研究室、大手海運企業に匹敵する世界レベルの海事情報を手にすることが可能になります。

サービス内容

ウェザールーティング  [J-Marine Routing]

  • 船上および陸上で詳細な気象予報に基づく精度の高いウェザールーティングの提供
  • 当社製ECDISの航路計画とウェザールーティングを連携させることで、より最適な航路情報を入手可能※1

船舶管理  [J-Marine GIS for Web Pro]

  • 陸上から管理船のポジション、船体状況、機関情報および航海機器の動作状況をリアルタイム監視
  • 航海機器の故障状況やアラームを監視できるため、迅速な修理対策と対応が可能
  • 目的に合わせた上記各種データの選択やレイヤー重畳順序の設定可能

気象 / 海象港湾情報  [J-Marine GIS for Web Pro]

  • 波高、波向、風向風速、天気図、台風、降雨情報などの気象海象情報レイヤーを選択し表示
  • JRC日本無線が管理するVTS※2により、AISや船舶レーダーの船舶動静監視情報や気象・海象センサー情報などを表示
  • 距離や面積の測定、危険区域の表示や付箋などの覚え書きを地図上に描画し、船陸間での情報共有を実現

※1:現在開発中
※2:港湾監視

JRCはクラウドを基盤とした海事情報サービスを構築しました。

お客様の初期投資を最小限に抑えて世界の海を網羅する海事情報システムを導入できます。

  • 1. 初期投資を極力お安く
  • 2. お手持ちのパソコンで気軽に閲覧可能
  • 3. 船陸間で情報の共有が可能

当サービス導入に必要なもの

  • ご契約
  • 船舶側機器 J-Marine BOX*1 VDR装置*2 Inmarsat/VSAT 装置 ECDIS*3
  • ソフトウェア J-Marine GIS for Web Pro J-Marine Routing*3
  • 閲覧環境*4 パソコンまたは タブレット端末 (お客様でご用意)

既存機器で対応可能

追加設備として必要

  • *1:J-Marine BOX は、J-Marine Cloudにデータを集約するために必要なBOX型コンピュータです。
  • *2: 船舶にJRC製VDR(JCY-1800)が導入されていること。
  • *3:プランAご契約者のみ必要です。
  • *4 :当サービスは、ご使用中のパソコンやタブレットで閲覧可能です。

ご契約プラン

  • プランA 「ウェザールーティング」「気象海象・港湾情報」「船舶管理」のすべての機能をセットにしたスペシャルプラン
  • プランB 「気象海象・港湾情報」「船舶管理」のみ必要なお客様のための標準プラン
  • プランC 「船舶管理」のみ必要なお客様のためのミニマムプラン

●ウェザールーティングのみをご希望のお客様は、別途ご相談ください。

プランA プランB プランC

ウェザールーティング [J-Marine Routing]

気象海象、港湾情報 [J-Marine GIS for Web Pro]

船舶管理 [J-Marine GIS for Web Pro]

導入までの流れ

1.ご相談 2.ご契約 3.機器設置 4.システム認証 5.使用開始

*5:参考日数です。ご契約プラン、管理船の隻数、要求機能、諸条件により変動する場合があります。

システム構成

このページのPDF版を読む

J-Marine Routing システム構成

close

ページのトップへ