高解像度降水ナウキャストとは

従来の降水ナウキャストに比べ
16倍きめ細かく、はっきりくっきり
降雨状況が把握できます。
※9月までの期間限定配信の予定でしたが、ご好評につき10月以降も配信します。

高解像度降水ナウキャストで、ここまでわかる!

高解像度降水ナウキャストは、気象レーダーの観測データを利用して、
250m四方の解像度で降水の短時間予報を提供します。

従来の「降水ナウキャスト」では1km四方だった降水域が、
「高解像度降水ナウキャスト」では30分先まで250m四方できめ細かくなりました。
例えるなら、アナログテレビ【降水ナウキャスト(1km四方)】から
4Kテレビ【高解像度降水ナウキャスト(250m四方)】にグレードアップしたかのように
従来の降水ナウキャストに比べ16倍きめ細かく、はっきりくっきり降雨状況を把握することができます。

高解像度降水ナウキャストとは?

  • 高解像度降水ナウキャストは、気象レーダーの観測データを利用して、
    250m解像度で降水の短時間予報を提供します。
  • 高解像度降水ナウキャストは、気象ドップラーレーダーの観測データに加え、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する全国の雨量計のデータ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデの高層観測データ、国土交通省Xバンドレーダ(XRAIN)のデータも活用し、降水域の内部を立体的に解析して、250m解像度の降水分布を30分先まで予測します。

250m四方の細かさで予測。
5分間隔で変化します!

・過去60分~現在~30分先までは、高解像度の250m四方で表示されます。
・35分先~60分先までは、従来どおりの1㎞四方で表示されます。

画面イメージ

  • 過去60分~現在(250m四方) 過去60分~現在
    (250m四方)
  • 現在~30分先(250m四方) 現在~30分先
    (250m四方)
  • 35分~60分先(1Km四方) 35分~60分先
    (1Km四方)

ページのトップへ