SeaJapan2022出展報告

日本無線のスマートシップは
陸と船をつなぎ、未来へ進みます

2022年4月20日(水)から22日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて開催された「SEA JAPAN 2022」に出展しました。近未来の自動運航実現を目指す"JRCスマートシップ構想"を中心とした、最新舶用電子機器やサービス、アプリケーションをご紹介しました。

Smart Shipの実現に向けて

日本無線の無人運航船実現までのマイルストーン

陸上支援センターのVR体験

JRCの考える将来の自動運航船を遠隔でサポートする陸上支援センターをVRコンテンツで紹介しました。
VRゴーグルを装着し、お手元のコントローラーを使ってVR空間内の移動や各機器の表示画面や説明を体験していただきました。

close

VR体験の様子

プレゼンテーションの様子

統合操船者支援システム
~高知能船による安全運航の堅持を目指して~

船舶の自動運航船の実現に向け、AI等の先進技術を活用した的確な操船判断支援を目的とした「統合操船者支援システム」の開発プロジェクトを動画で紹介しました。

展示内容

Shore 陸上システム

無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」
陸上支援センター

日本無線は無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」におけるDFFASコンソーシアムに参加し、「陸上支援センター」の開発を担当しました。JRCブースでは、無人運航船の運航状況をシステムのディスプレイに表示し、船長と機関長が陸上側のオペレーターとして遠隔監視を行う「陸上支援センター」の実物を紹介しました。

航海計画統合表示、状況分析画面

Smart Ship Viewer(SSV)

管理対象船舶の状況をWebブラウザ上で確認できるシステムSmart Ship Viewerの新機能である「航路離脱監視機能」「ダウンロード機能」などをご紹介しました。

NeCST Manager

管理船のNeCST とリアルタイムに双方向の情報共有が可能なNeCST Managerをご紹介しました。緊急時における迅速な意思決定を陸上からサポートします。

Shore 陸上システム

J-Marine NeCST

J-Marine NeCST JAN-470(26インチ)
安全運航を支えるNeCSTの新機能として「プレイバック機能」「情報配信機能」「最適化航路」を紹介しました。

Safety Zone Viewer機能

船舶用レーダーJMR-9200シリーズ
Safety Zone Viewer機能
JMR-9200シリーズオプションであるSafety Zone Viewer機能を紹介しました。
SZVは、衝突の危険が高い領域をレーダー画面に表示することで、安全な航行領域を航海士が直感的に把握可能になります。
2022年6月に発売を予定しており、JMR-9200シリーズをアップデートすることで使用が可能です。
Safety Zone Viewer機能オフ
Safety Zone Viewer機能オン

Xバンド固体化空中線

国内法規とIMOに適合したXバンド固体化空中線を紹介しました。
固体化空中線は、マグネトロン交換が不要なためコスト削減に寄与するとともに、固体化独自の信号処理により探知性能が向上します。

船舶用レーダーJMR-9200シリーズ
Xバンド固体化9フィート空中線

国際VHF無線装置 JHS-800S VHF-MFD連携

国際VHF無線装置 JHS-800S
レーダーPPI画面上またはECDISチャート上のAISターゲットからDSC一般個別呼出しが簡単にできる「VHF-MFD連携機能」を紹介しました。またブース内プレゼンテーションもおこないました。
16ch呼び出し
呼出しに気付かない場合が有る
DSC一般個別呼出し
直接呼出されているので気付く

インマルサットフリートエクスプレス

インマルサットフリートエクスプレス(FX)に対応するアンテナラインナップを紹介しました。
高速&安定通信を実現するFX( Fleet Xpress )は、高速通信を提供するGX(Global Xpress)と雨の影響を受けない安定した通信を提供するFB(FleetBroadband)を状況に応じてシームレスに使い分けるシステムです。

Fleet Xpress対応機器(フリートエクスプレス)
Fleet Broadband / フリートブロードバンド
Global Xpress / グローバルエクスプレス
Inmarsat FB
JUE-251
Inmarsat FB
JUE-501
Inmarsat GX
JUE-60GX
Inmarsat GX
JUE-100GX

測深機JFE-400/700

高精度で高信頼性の測深性能を実現する新型測深機JFE-400/700を紹介しました。IMO決議MSC.74 (69) Annex 4に適合した、視認性の高いカラータッチパネル液晶を搭載しており、過去48時間の測深データの記録と読み出しが可能です。

JFE-400
セパレートモデルのJFE-400は、
オプションでプリンターが装備できます。
※架台はオプションです
JFE-700
オールインワンモデルのJFE-700は
プリンターが組み込まれています。

オートパイロット AlphaPilot、接岸支援システム AlphaMINDS

JRCの子会社であるAlphatron社製のオートパイロット『AlphaPilot』、接岸支援システム『AlphaMINDS』を本邦初展示しました。

オートパイロット AlphaPilot、接岸支援システム AlphaMINDS

スマートブリッジ

作業性、利便性に優れた美しいスマートブリッジシステムを紹介しました。欧州デザインを取り入れたワンマン操船仕様のブリッジコンソールにレーダー、無線機、操船用ジョイスティックなどを機能的に配置することにより、運航効率を向上させ、環境負荷低減に寄与します。

スマートブリッジ導入事例:株式会社e5ラボ様/旭タンカー株式会社様

ページのトップへ